新型うつ病の情報を確認【早期発見するための取り組み】

女性
  1. ホーム
  2. カウンセリング主体で

カウンセリング主体で

カウンセリング

心理カウンセラーに注目

新型うつ病の治療は精神科や心療内科で行われます。治療をする医療機関を選ぶときには、心理カウンセリングを主体的に行っている機関かどうかを確認する必要があります。うつ病の治療というのは、薬物療法とカウンセリングによる心理療法のコンビネーションによって行われるのが一般的です。ところが、新型うつ病の場合、薬物療法がなかなか効果を発揮されないものも多いです。元々、うつの症状が軽症だということもありますが、症状の原因が本人の性格的なものによることも大きく、投薬で改善できるものばかりではありません。新型うつ病は、ささいなことを気にする繊細さや、それに伴う傷つきやすさ、他人の目を非常に気にする性格傾向が、その症状へとつながっていることが多いです。そのため、そうした性格を自覚させて、もの見方や考え方を変えていかなければ、根本的な改善を図ることができないわけです。ですから、心理カウンセリングを中心とした治療のほうが効果的なこともよくあります。むしろ薬物治療はできるだけ最小限にとどめて、カウンセリング主体でいくほうがいい場合も少なくありません。薬物とカウンセリングの適切なコンビネーションが重要です。しかし、医療機関によっては、専門医はいるものの、臨床心理士などの心理カウンセラーの体制が充実していないところもあります。常勤のカウンセラーがいなかったり、少人数のために十分にカウンセリングが受けられなかったりすることもあります。適切な治療を受けるためには専門医と心理カウンセラー両者の連携が安定して図れている医療機関を選択することが重要です。また、新型うつ病の治療に重要な意味を持つ心理カウンセラーとの相性はとても大切になります。薬物治療と違い、メンタルな部分に踏み込んでくるのでカウンセラーとの相性は、回復の行方を大きく左右します。新型うつ病の場合、不安や葛藤、焦燥感を強く感じており、それを外側に向けて発散するというのがひとつの特徴です。また、周囲の目を非常に気にして傷つきやすく、自己中心的で自己主張も強いです。そのため、これらの特質を十分に理解し、受け止めることのできる症例に慣れたカウンセラーがいる病院を選ぶことが大事になります。カウンセラーは生真面目なタイプよりも、少しゆったりと構えているタイプのほうが、新型うつ病の患者にとって相性がいい傾向にあります。理詰めできちんと対応するカウンセラーでは、息苦しく感じるからです。どちらかといえば、手のひらで患者を転がすようにおおらかな対応ができるカウンセラーがいれば安心です。