新型うつ病の情報を確認【早期発見するための取り組み】

また、笑顔になれるように。

カウンセリング主体で

カウンセリング

新型うつ病の治療では、薬物治療を最小限にして、心理カウンセリングを主体に行います。そのため、臨床心理士などの心理カウンセラーの体制が充実した医療機関を選択することが大事です。また、専門医とカウンセラーが連携しているというのもポイントです。

病気の判断の仕方

ハート

抱え込まずに相談する

新型うつ病は、周囲になかなか理解されにくい病気でもあり、本人も気づかないこともあります。気づかずにそのまま放置してしまえば症状が悪化する可能性もあり、早期に治療を行うことができるようになるためにも、新型うつ病のことを理解することが大切です。新型うつ病は別名「適応障害」とも呼ばれ、普段はいつも通り過ごすことができますが、仕事や学校に行こうとすると途端に精神的又は身体的な症状が現れます。仕事や学校に行くまでは元気な姿を見せていたのに、その場に向かう直前となって症状があらわれるため、周囲は仮病を使って仕事や学校を休みたいのではないかと誤解されてしまうことが多々あるといわれます。この判断はなかなか難しいもので、本当に仮病を使う人もいれば新型うつ病にかかってしまっている場合もあり、その違いを一般人がすぐさま理解できるものではないのかもしれません。どのようにその違いを判断すれば良いのか、それは長期にわたって症状が出てくるかこないかで判断することです。仮病の場合は、1日や2日ほどは休みたい気持ちから仮病を演じるかもしれません。しかし1ヶ月ほど続けて行うことは難しくなります。しかし新型うつ病の場合は、腹痛や頭痛、めまいなど身体的な症状、そして落ち込みや悲観的で涙が出てくる精神的な症状が2週間から1ヶ月以上続きます。そして、仮病であろうが新型うつ病であろうが、周囲はどうして仕事や学校に行きたくないのか、その理由を聞いてあげることが病気かどうかを判断できる要素となることもあります。しかしもし、新型うつ病だと疑っても、その後どう対応すれば良いのか戸惑う人も少なくありません。いきなり心療内科や精神科に連れて行こうとしても、人によってはなかなか病院に行こうとしないこともあります。その場合でも無理して連れて行くのではなく、まずは誰かが相談センターで相談することも方法の1つとなります。各都道府県で精神的な相談を受け付けるところが設備されていることがあり、そこでどのように対応すれば良いのか話すと対応策がわかることもあります。相談センターは無料のところもありますし有料のところもあります。そのほか心療内科によっては患者だけでなく、相談したいという家族を受け付けているところもあります。身近な人が病気になってしまえば周囲は混乱することもあります。しかし焦らず、自分だけで抱え込むことは危険です。抱え込まずに相談したいなら誰かに相談し、早期の治療ができるようにすることが大切です。

カウンセリング主体で

カウンセリング

新型うつ病の治療では、薬物治療を最小限にして、心理カウンセリングを主体に行います。そのため、臨床心理士などの心理カウンセラーの体制が充実した医療機関を選択することが大事です。また、専門医とカウンセラーが連携しているというのもポイントです。

新しいうつ病が増えている

ナース

従来のうつ病と異なり、気分の浮き沈みが激しい「新型うつ病」は、最近の研究によって、治療法や対処法が発見されてきています。心療内科など専門の医療機関で正しい診断をしてもらい、適切な治療を受けることが大切です。

多くの症状を伴います

カウンセリング

新型うつ病は気分障害に加えて、頭痛といった身体的な症状を伴うことが多いという特徴があります。感情のコントロールが難しい状態と言えるので、早期発見のためには日中での気分の変化を見直すことが効果的です。悪化を防ぐためにも、早めの対処が重要です。